コンテンツへスキップ

一般葬と比較した家族葬のメリットは?

以前と比べると現在では葬儀が多様化してきているので、家族が亡くなった際の葬儀には様々な選択肢があります。

例えば一般葬の他にも家族葬などの葬儀がありますが、今回は一般葬と比較した時の家族葬のメリットについて書きたいと思います。

家族葬は一般葬と比べると参列者が少なくなる傾向があるので、葬儀で参列者に対応する負担が一般葬より少ないメリットがあります。

故人との最後の時間をゆっくりと過ごすことが可能になるので、対応の負担が少ないところは家族葬を選択する大きなメリットだと言えます。

また一般葬と比べれば家族葬は葬儀の規模が小さくなるので、自由度が比較的高くて故人や遺族の希望を反映しやすいメリットがあります。

それに加えて葬儀の規模が小さくなることで葬儀に掛かる費用も抑えることも可能ですが、これに関しては参列者が少なくなる点に注意する必要があります。

参列者が少なくなれば必然的に香典も減るので、そこに注意しないと一般葬より費用の負担が大きくなる場合もあります。

家族葬には一般葬には無いデメリットもありますがそれ以上にメリットが多い葬儀ではあるので、魅力的な一つの選択肢として検討してみてください。