コンテンツへスキップ

注意するべき家族葬のデメリット

現在は葬儀方法が多様化しているので実際に葬儀を行う際には色々な選択肢がありますが、その中でも家族葬を選択しようと考えている方は多いと思います。

家族葬は一般葬と比べれば精神的・体力的な負担が少なく済むなど色々とメリットがありますが、一方で注意するべきデメリットもいくつかあります。

家族葬は限られた人物のみが参加する葬儀ですが家族葬を行う旨をしっかりと伝えて事前に周囲の理解を得るように注意しないと、後で誘った誘わなかったで親族間や知人との間で揉めることになる可能性があります。

また葬儀への参列を遠慮してもらった人が葬儀後が終わった後に弔問に訪れる場合もあるので、一般葬と比べると葬儀後もゆっくりできない可能性があるのは家族葬のデメリットだと言えます。

あとは一見すると家族葬は小規模で費用が少なくなると思われがちですが、香典が少なくなるので葬儀費用が賄えない可能性があります。

家族葬のメリットを十分に受けるためにはしっかりとデメリットを理解することが重要なので、家族葬を検討している方はどんなデメリットがあるのか事前に把握するようにしてください。