コンテンツへスキップ

今時の葬儀は家族葬が多いとされています

家族葬は都会や都会周辺では次第に多くなりつつあるといわれます。それは、地域や人との交流が薄くなったことも理由として挙げられますが、それ以外にも、費用の面や手間の面でも言われることです。

家族のみ、若しくは極親しい友人や近場の親類を中心とした家族葬は、昨今の日本人のライフスタイルにも合っているような気味します。 葬儀そのものに決まったやり方や定義はありませんが家族葬もそのようで、読んで字の如く家族や近い親族、それに親しい友人だけの葬儀ということになるのでしょう

昔はたしか規模的にも密葬と言ったような気もしたのですが、今では洒落て家族葬と称しているのですか、いずれにしても今時は、やはり葬儀は余計な気配りや経費も抑えられる家族葬がお似合いのような気もします。

中にはやや見栄をはって葬儀ぐらいは盛大にと思う人も多いと言うが、又、極端な人は葬儀なんかやる必要なく、焼場で焼いたらそのまま海へでも散骨してくれ、と言う方もおられるようです。 その点、家族葬は普通に葬儀が出来て、尚且つ会葬者に余計な気を使うことも無く、故人との最後の別れは近親者と家族のみで存分に確保できるものと考えますが。

最近の調査でわかった事ですが、葬儀費用の平均は200万円弱かかるそうです。そんな大きな金額を毎月こつこつ貯めていくのは大変です。死亡保険でカバーしようとする方々も多いです。私の家庭では毎月の保険代も大変なので、家族葬などの安い葬式をしようと話し合いました。

しかし、お花だけはこだわりがあるそうで、カスミソウで棺桶を飾って欲しいと熱望されました。私は死んだら好きな花を味わえないから、不要ではないかとか、お花はすごい高額だよっと説明しましたが、首を縦に振りません。私の方が折れる事になりました。

お花で飾る事を約束する事で最後の日まで穏やかなに暮らせるのなら、かまわない気持ちになったのです。購入するのはお金がかかって大変なので、庭などで咲かせる事にしました。葬式の当日の会場は、狭いながらも白いカスミソウがいっぱいで、美しかったです。親戚や知り合いに集まってもらって、寂しさは和らぎました。葬儀に行ってあげる事の大切さを再認識しました。

PR|心の童話|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|童話|SEOアクセスアップ相互リンク集|オーディオ|生命保険の選び方|お小遣いNET|お家の見直ししま専科|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|GetMoney|工務店向け集客ノウハウ|マッサージのリアル口コミ.com|健康マニアによる無病ライフ|